トップケーブルインターネットお知らせ > IP電話乗っ取り問題について

ケーブルインターネット

 

IP電話乗っ取り問題について

先日より、IP電話サービスが第三者に不正利用され、
高額な国際電話料金が請求なされる事件が報道されております。

今回の被害は、主に企業で導入するIP-PBX等を別途接続し、
内線機能を利用している場合に発生していると見られます。

一般家庭で電話機のみを接続されている方については、
同様の事象が発生する可能性はございません。

お客さまにおかれましては、IP電話対応機器(TA)において、
必要のないインターネットからのアクセスを許容しない、
第三者に利用させない等の対策を行ってください。

弊社の対策


国際通話の休止機能
国際通話の休止機能をご利用ください。


異常な通話の検知
通話料金が著しく高額になるような通話を検知し、被害の拡大を防ぎます。


発信元回線の制限
弊社の回線内からのみ、IP電話の発信ができる仕組みとなっております。