トップお知らせ > クラシカ・ジャパンノンスクランブル放送のお知らせ(5月2日21時~5月7日10時)

ケーブルテレビ

 

クラシカ・ジャパンノンスクランブル放送のお知らせ
       (5月2日21時~5月7日10時)

クラシカ・ジャパン(775ch)よりノンスクランブル放送のお知らせ。是非この機会にクラシカ・ジャパンをご検討ください!!

 【期間】5月2日(金)21時 ~ 5月7日(水)10時

なお、クラシカ・ジャパンでは2014年5月31日(土)までに新規ご加入いただいた方、全員にオリジナルトートバック、プレゼントキャンペーンを実施しております。
 ※最低視聴期間:2ヶ月

クラシカ・ジャパンノンスクランブル放送をご覧いただくためには、STB(セット・トップ・ボックス)の取付が必要となります。
通常、クラシカ・ジャパンをご覧いただくためには、ペイチャンネルのお申込みが必要です。

≪ゴールデンウィークはクラシック三昧≫
20世紀の巨匠で見るクラシック名曲選カラヤン&ベルリン・フィル『新世界より』
 【5/3(土)10:00~10:50他】
 映画『恐怖の報酬』の監督アンリ・ジョルジュ・クルーゾーが撮影した“帝王”カラヤン全盛期の『新世界より』。カジュアルファッションのカラヤンをカッコ良く映し出す顔の表情や指揮ぶり。ビジュアル的に一番輝いていた頃のカラヤンを美しいモノクロ映像で堪能する番組。
煌めく才能・次世代を担う注目アーティストたちウィーン少年合唱団「Muth オープニング・ガラ」
 【5/4(日)19:55~21:00他】
 ウィーンの伝統を受け継ぐ世界的に名高い「ウィーン少年合唱団」の再来日にちなみ、彼らの新たな活動の拠点「MuTh」(musicとtheaterを一緒にした名前)のお披露目演奏会をアンコール放送。世界最高峰オーケストラのウィーン・フィルやウィーン国立歌劇場の音楽監督フランツ・ウェルザー=メストも登場。
小澤征爾のヴァルトビューネ2003「ガーシュウィンの夕べ」
 【5/5(月)12:25~14:25他】
 毎年6月末にベルリン郊外で開催するベルリン・フィル野外コンサート。2003年はゲストにジャズのマーカス・ロバーツ・トリオを迎え、『パリのアメリカ人』『ラプソディ・イン・ブルー』などガーシュウィンの楽曲を小澤征爾が指揮する。
グレン・グールド『ヒアアフター』
 【5/5(月)16:55~18:50他】
 今なお人気抜群のピアニスト、グレン・グールド。彼はなぜコンサート活動から引退し、レコーディングという孤独な可能性に生涯を捧げたのか。彼はなぜバッハに魅了されたのか、そして私たちはなぜ今もなおグールドに惹かれるのか。この番組は1940年代末から1982年の死の直前までの映像や音源を集めて、フランスの映像作家ブリュノ・モンサンジョンがグールドの人間像を解き明かしたドキュメンタリー。初めてグールドを知りたい人には最適。
イタリア・オペラ最大の作曲家の一生を描いた「ヴェルディの生涯」第1話&第2話を放送
 ヴェルディの生涯 第1話・第2話
 【5/6(火)10:00~13:20】
 イタリアの巨匠レナート・カステラーニがイタリア・オペラ最大の作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの生涯をドラマ化した傑作TVシリーズ。ヴェルディが生きた19世紀ヨーロッパの歴史・社会、作品が生まれた背景や数々のエピソードが わかりやすく描かれ、これを見ればヴェルディのオペラがもっと見たくなる!