トップケーブルインターネットよくあるお問い合わせ > 他社インターネット環境からのメール送信について

ケーブルインターネット

 

他社インターネット環境からのメール送信について

OP25Bを実施しているc-able以外のプロバイダの接続サービスをご利用で、
c-ableのメールサーバを利用してメールを送信する際には、サブミッションポート(587番)を使用することでメールの送信が可能です。

Outbound Port25 Blocking (OP25B) の実施について

ご利用の際には、以下の設定例を参考にして下さい。

 設定のポイント

1.送信で利用するポート番号を587番に変更。(通常は25番)
2.SMTP AUTH(認証)をOnにする


『Windows Live メール』での設定例

(1)ホーム画面より「アカウント名」を右クリック→「プロパティ」を選択



(2)「サーバ」タブより「このサーバは認証が必要」にチェックを入れ、「設定」を選択


(3)表示される画面にて「受信メールサーバと同じ設定を使用する」を選択



(4)「詳細設定」タブより送信メール(SMTP)のポート番号を「587」番に設定


「OK」ボタンを押して完了です。


※お使いのプロバイダまたはネットワークにて何らかの制限が
 行われている場合、メールの送信が出来ない場合があります。
 また、DNSの「逆引き・正引き」が正常に行われない環境(プロバイダ等)から
 メールを送信する場合、メールの送信が出来ない可能性があります。
 詳細は、お使いのプロバイダ等にご確認下さい。