企画展


@十朋亭〜山口の人々と志士の交友録〜」


山口市の史跡である十朋亭は、醤油醸造を営んでいた萬代家が離れとして建て、萩藩の山口移鎮の際には藩士たちの宿泊所として提供されました。そのなかには伊藤博文や井上馨など、幕末から明治にかけて活躍した人物が多くおり、ゆかりの資料が萬代家に伝わっています。山口市は、萬代家から関係資料と十朋亭周辺の土地および建造物の寄贈を受け、現在、「山口市の幕末・明治維新を学べる施設」として整備しています。
 本企画展では、萬代家資料を中心に展示し、十朋亭という場がつないだ山口の人々と志士たちの交友について紹介します。


開催期間
平成29年3月10日(金)〜5月7日(日)
休館日 月曜日(但し3月20日は開館し、翌21日に休館する)

会場
 山口市歴史民俗資料館(山口市春日町5−1、083‐924‐7001)

開館時間
  9:00〜17:00 (入館は16:30まで)

観覧料
 大人 100円/18歳以下・70歳以上、障がいがある方は無料

展示構成と主要展示資料 
第1章 萬代家と十朋亭
 篠崎小竹書扁額
 平成26年寄贈美術工芸資料
 (萬代家家紋入り重箱、平野五岳筆山水図、土佐光文屏風ほか)

第2章 十朋亭に集った志士たち
 藩庁移転関係萬代家文書
 木戸孝允書掛軸
 久坂玄瑞書簡掛軸
 久坂玄瑞常用湯呑茶碗

第3章 維新後の交流 
 杉民治書簡
 井上馨・円朝寄せ書き
 伊藤博文書掛軸「竹總留月夜評茶」
 山県有朋書扁額「凌雲気」

イベント
 (1)十朋亭・新展示施設説明会
    期日:3月12日(日)  
      @13:30〜14:00
      A14:15〜14:45
      B15:00〜15:30
    会場:十朋亭(山口市下竪小路112番地1)
       ※現在整備の為休館中です。
    集合:大路ロビー(山口市大殿大路133番地1、083−920−9220)
    定員:各回とも20人(当日受付、先着順)

 (2)講演会 
    演題:「古地図でめぐる幕末維新の山口」 
    日時:4月22日(土)13:30〜15:00
    講師:山口県立博物館 学芸課課長 山田稔 氏
    会場:山口市歴史民俗資料館2階 学習室
    定員:50人(要申込、先着順)
    ※定員に達しましたので受付を終了します。ありがとうございました。
    
(3)ギャラリートーク
  <1回目> 3月25日(土)13:30〜14:30 
  <2回目> 4月15日(土)13:30〜14:30