企画展


「長州藩のイメージ戦略ー風説・人びと・歴史像―」


 平成30年は、明治改元から150年にあたる節目の年です。山口市は明治維新150年記念事業を推進し、明治維新策源地としての魅力発信をおこなっており、そこで打ち出されているイメージは、近代の顕彰活動や観光化などにより形成されたものを引き継ぐ面もあります。

幕末当時の長州藩も、禁門の変、長州征伐、戊辰戦争とうち続く動乱のなか、風説、瓦版、錦絵などにより、さまざまなイメージが形づくられていました。

本企画展では、「長州藩」をとりまくイメージについて、その一端のうかがえる資料を紹介します。

【会 期】   平成30年8月10日(金)〜10月14日(日)
【開館時間】  9時〜17時(入館は16時30分まで)
【休 館 日】  月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
【観 覧 料】  一般100円 
        ※18歳以下・70歳以上の方、障がいがある方及び同行の介護者の方は無料
【会  場】  山口市歴史民俗資料館

イベント案内
【講演会】
日時:9月22日(土) 10:30〜12:00
講師:鳥取大学教授 岸本 覚 先生
演題:幕末「長州藩」イメージの形成 ―藩祖を中心に―
会場:山口市歴史民俗資料館2階 学習室
定員:50人

【ギャラリートーク】
日時:8月25日(土)、9月30日(日)
   13:30〜14:30