消費税率引き上げに伴う弊社の対応について

平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年10月1日より予定されている消費税率の引き上げに関しまして、弊社における消費税等の取り扱いを下記のとおりご案内申し上げます。 ご面倒をおかけしますが、消費税法に沿った適正な運用を行うため、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

対応方針

1. 新税率の適用

■ 消費税率変更となる2019年10月1日以降に、弊社がご提供するサービス・商品につきましては、経過措置(*)適用の場合を除き、新税率10%を適用させていただきます。
(*) 経過措置 :一定の要件を満たす取引に関して、新税率適用日 (2019年10月1日) 以降であっても消費税率8%が適用される特例です。

2. 消費税差額のご請求につきまして

■ 2019年10月以降分のご利用料金であっても、2019年9月30日以前にお支払い頂いている前払いご利用料金に関しては、差額はいただきません。(差額の請求 :弊社が委託され、代理徴収しているご利用料金は、各委託事業者の変更に従います。)

関連リンク

財務省ウェブページ「消費税率引き上げについて」

国税庁ウェブページ「社会保障と税の一体改革関係」

国税庁ウェブページ「2019年10月1日以後適用する消費税率等に関する経過措置」

料金の対比

税率変更による金額上昇のみとなり、本体価格(税抜価格)は変更ありません。

経過措置

消費税は商品等を受け取る時に発生するのが原則となっています。請負工事での消費税は引渡し(工事完了)時に発生します。ただし、一定の要件を満たす取引に関して、新税率適用日 (2019年10月1日) 以降であっても消費税率8%が適用されます。

1. 工事の請負等の経過措置

■ 2019年3月31日以前に締結した工事の請負等に係る契約に関して、2019年10月1日以降のお引渡し(工事完了)であっても、消費税率8%が適用されます。(工事費に増額があった場合は、増額分に関しては10%になります。)

よくある質問

お客さまから寄せられたご質問等を掲載しております。

Q1. 利用料金は値上がりしますか?
 ⇒税率変更による金額上昇のみとなり、本体価格(税抜価格)は変更ありません。

Q2. 前払いで支払い済みの10月以降の利用料金について、差額請求はされますか?
 ⇒既に頂いている弊社の前払いご利用料金に関しては、2019年10月以降分のご利用料金であっても、差額は頂きません。
(弊社が委託され、代理徴収しているご利用料金は、各委託事業者の変更に従います。)

Q3. いつまでに申込書を提出すれば、消費税8%の加入金で加入ができますか?
 ⇒2019年9月30日までの弊社到着(受付)分は8%の税率となります。(内容に不備のない申込書に限ります。)

Q4. いつまでに申込書を提出すれば、消費税8%の工事費で工事ができますか?
 ⇒工事費は工事が完了した時点での税率となりますので、一概にはお答えすることが出来ません。通常10~14営業日程度かかりますが、繁忙期や電柱等の使用申請等が必要になるケースについては、工事完了まで1~3ヶ月かかる場合があります。

Q5. 加入金は8%で請求されたが、工事費は10%で請求されています。
 ⇒加入申込は2019年9月末までに受付が完了しており、工事は2019年10月以降に完了した場合、それぞれ税率が異なります。

Q6. 出張費・再開等の工事手数料はどの時点の消費税率ですか?
 ⇒出張費は訪問した時点、再開手数料は工事(再開処理)完了時点での税率です。

Q7. 名義変更等の事務手数料はどの時点の消費税率ですか?
 ⇒内容に不備がない状態で、書類等を弊社が受付をした時点での税率です。ご申告時の税率ではありません。